よくある質問

お客様から寄せられる、よくある質問とその回答集です。

サービス・利用関連
  • オビガエさんとはどのようなサービスですか
    インターネット(Webブラウザ)を通じて、お手持ちの不動産販売図面(PDFファイル)の下部オビ部分を、自店のオビに手軽に差し替えるためのオンラインサービスです。

    通常、こうした販売図面の帯の差し替えは一枚ごとに
    1. 販売図面PDFファイルを用意する
    2. これを複合機を使って印刷する
    3. 印刷した図面の下部オビ部分に、あらかじめ用意している自店舗用の帯の切り抜きを重ねる
    4. これを複合機でスキャンして
    5. 再印刷またはPDFファイルとして出力する

    といったパソコンと複合機の前を行き来する作業が発生しますが、「オビガエさん」を利用すると
    1. 販売図面PDFファイルを用意する
    2. 「オビガエさん」にまとめてアップロードする
    3. オビの貼り付け位置を調整する
    4. PDFファイルとして出力

    という流れを一度にまとめて、パソコンでの作業だけで完了させることができるようになります。


    「オビガエさん」は実際に試用してみることもできますので、こちらからお申し込みください。
    (※お申し込み後、すぐにオビガエさんをお試しいただけます)

    > オビガエさん お試し申し込みフォーム
  • 契約形態について知りたいのですが
    契約形態について知りたいのですが', 'オビガエさんはASP(SaaS)型のサービスで、基本的に1店舗(*1)ごとに1契約となります。
    *1…オビに記載される店舗情報が異なる毎に1契約。同じ会社内に3店舗存在する場合、それぞれ個別に3契約が必要

    同一店舗内であれば、利用する従業員数や端末(パソコン)の台数に制限はありません。


    契約期間は一年間、利用料金は9,840円(税込)です。
    こちらは利用開始前に指定口座への振り込みとなります。

    また、契約期間の満了前後での契約更新も可能です。
    こちらも契約開始時と同じく、一年契約(税込9,840円(*2))になります。
    *2…登録オビ数追加オプションをご利用の場合、10点追加ごとに1,000円を加算
  • 利用規約について知りたいのですが
    こちらの利用規約ページをご覧になって下さい。

    > オビガエさん 利用規約
  • オビガエさんを試用することはできますか
    こちらからお申し込みいただくことで、実際に試用してみることができます。
    (※お申し込み後、すぐにオビガエさんをお試しいただけます)

    > オビガエさん お試し申し込みフォーム
  • 試用についての制限事項等について知りたいのですが
    現時点での試用には2つのケースがあり、それぞれで制限事項が異なります。

    どちらのケースでも実際にお手持ちの販売図面(PDFファイル)をアップロードして、オビを貼り付ける編集作業の操作感をお試しいただけます。
    オビを貼り付けた編集済みの販売図面をPDFファイルとして出力し、パソコンに保存することが可能です。
    また、このPDFファイルを印刷することで印刷時の紙面品質をご確認していただけます。

    1. おためしキャンペーン期間中の試用

      このケースでは試用期限が決められており、PDFファイルのアップロード画面を表示するたびに試用期限についての注意書きが画面上に表示されます。
      表示されている期限を超えての試用はできません。

      オビ画像の設定が可能なので、自店舗のオビを実際にはめ込んでみた状態を体験することが可能です。
      ただし、試用中は他の店舗の方とオビの設定と保存が共用となるため、場合によっては試用中に他の店舗の方が設定済みの情報を上書きしてしまう可能性があることをご了承の上お使いください。
      (※本来は店舗ごとに専用の設定・保存となります)


    2. 通常期の試用

      試用時は自店舗用のオビ画像の設定ができないため、サンプル用に用意されたオビしかご利用になれません。
      (※本来はお手持ちの自店舗用オビ画像をアップロードすることで自社オビとして設定できます)

      なお、こちらのケースでは試用期限はございません。

  • オビガエさんを利用したいのですが、どのような手続きが必要ですか
    まずこちらからお申し込みください。

    > オビガエさん ご契約申し込みフォーム

    フォーム送信後、オビガエさんサポートから「ご契約お申し込み 確認メール」を送らせていただきますので、同メール本文内にて案内する方法でご利用料金をご入金ください。
    ご入金の確認が取れ次第(通常3営業日以内)、手続き完了とオビガエさんをご利用いただくための情報をあらためてメールでお送りいたします。

    なお、フォーム送信後から5営業日を過ぎてもご入金の確認ができない場合は、ご契約申し込みを取り下げさせていただきます。予めご了承ください。
    (再申し込みを行う際は、お手数ですがフォームからの申し込みをお願いします)
  • 画面上に「【おしらせ】 オビガエさんの利用期限まで、あと○日となりました。」と表示されました
    オビガエさんのご利用期限まで残り30日以下になると、図面アップロード画面でこのアラートが表示されるようになります。

    「利用期限について」のボタンを押すと、オビガエさんのご利用期限を延長して今後も利用される場合に必要な手続きを案内するページに移動します。
    「このまま続ける」もしくは×ボタンを押すと、このアラートを閉じてアップロード作業を継続することができます。

    なお、ご利用期限の延長を希望される場合、ご利用期限中に利用料金のお支払いが確認できない際は確認までの間オビガエさんをご利用いただけなくなりますので、ご注意いただきますとともになるべくお早目の手続きをお願いいたします。
  • 画面上に「【おしらせ】 オビガエさんの利用期限となりました。」と表示されました
    オビガエさんのご利用期限の最終日になると、図面アップロード画面でこのアラートが表示されるようになります。

    「利用期限について」のボタンを押すと、オビガエさんのご利用期限を延長して今後も利用される場合に必要な手続きを案内するページに移動します。
    「このまま続ける」もしくは×ボタンを押すと、このアラートを閉じてアップロード作業を継続することができます。

    なお、ご利用期限の延長を希望される場合、当日中に利用料金のお支払いが確認できない際は確認までの間オビガエさんをご利用いただけなくなりますので、ご了承ください。
  • 「オビガエさん 利用期限のご案内」という画面が表示されてオビガエさんを利用できなくなりました
    オビガエさんのご利用期限を過ぎますと、この画面が表示されるようになります。

    オビガエさんのご利用期限を延長して今後も利用される場合は、画面の案内に従って必要な手続きを行ってください。
    なお、ご利用期限の延長を希望される場合、利用料金のお支払いが確認できるまでの間はオビガエさんをご利用いただけなくなりますので、ご了承ください。
  • オビガエさんの利用をやめる場合どのようにすればいいですか
    特に問題がなければ、オビガエさんの利用期限が切れるまでそのままにしておいていただいて構いません。
    早急に利用を停止する必要がある場合は対応いたしますので、お手数ですが下記フォームよりその旨お伝えください。

    > オビガエさん お問合わせフォーム
機能・仕様関連
  • オビガエさんを利用するにあたって何か特別なソフトウェアをインストールする必要がありますか
    オビガエさんそのものはインターネットブラウザ上から操作可能なWebアプリケーションなので、インターネットに接続可能でPDFファイルを取り扱える端末(PC・タブレット等)さえあれば、他に専用のハードウェアあるいはソフトウェア等を導入する作業は必要ありません。

    ただし、あらかじめ以下の環境をお使いの端末にご用意していただく必要があります。


    ・InternetExplorerをご利用の場合、これに加えAdobe Acrobat Readerなどのブラウザ連携が可能なPDFビューアプラグイン

     または

    ・Edge、Firefox、Chrome、OperaあるいはSafariといったPDFビューアを内蔵しているWebブラウザ
  • 対応ブラウザについて知りたいのですが
    以下のブラウザに対応しています。(いずれも最新版を推奨)

    InternetExplorer *1 *2
    Edge
    Firefox
    Chrome
    Opera *3
    Safari *3

    *1…オビ変え機能自体はバージョン8以降の対応となりますが、最新版でない場合は画面の表示や使い勝手などに未対応個所があります。
    *2…ブラウザ上でPDFを表示するためのプラグインが別途必要となります。
    *3…最新版でない場合はブラウザ上でPDFを表示するためのプラグインが別途必要となることがあります。
  • 自分が今使っているブラウザが何かわからないのですが
    現在お使いのWebブラウザは です。
  • プラグインとは何ですか
    ここでいうプラグインとは、PDFファイルをブラウザ上で直接開く事ができるようにするためのブラウザの拡張機能の事を指しています。
    InternetExplorerではアドオンと表記されていますが、基本的には同じものです。

    パソコン上で動作するPDFビューアソフトの中にはインストールする事でそのソフトの拡張機能としてブラウザ上からでも利用出来るようになるものもありますが、これをソフトウェアとブラウザの双方で利用可能なように設定する事でプラグインが機能するようになります。

    PDFビューアプラグインには、Adobe社のAcrobat Reader等があります。
  • PDFプラグインの導入は必須ですか
    オビガエさんを利用する際のWebブラウザにInternetExplorerを使用する場合、PDFプラグインの導入が必須となります。

    ChromeやFirefoxといった、それ以外のWebブラウザの最新版をご利用の際は、それらのブラウザにPDFプラグインと同等の機能が内包されているため、あらためて導入する必要はありません。
    (※あえて導入し、そちらを利用することもできます)
  • PDFプラグイン(Adobe社のAcrobat Reader)はどうすれば導入できますか
    1. Adobe社のウェブサイトから「Acrobat Reader」をインストールしてください。
      Acrobat Readerは無償でダウンロード可能です。

      > Adobe Acrobat Reader (Adobe社のWebサイトを開きます)

      なお、Acrobatには有償版(AcrobatまたはAcrobat Pro、バージョンにより製品名が多少異なります)もありますが、こちらを導入する必要はありません。
      もちろん、有償版を導入することでもInternetExplorerからオビガエさんをご利用になれます。

    2. プラグインを有効にする設定を行ってください。
      ※設定方法はブラウザとAcrobatのバージョンにより異なります。以下は「Acrobat Reader DC」での場合の設定方法となります。

      > PDF をブラウザーで表示 | Acrobat DC、Acrobat Reader DC (Adobe社のWebサイトを開きます)


  • PDFプラグインにはAdobe社のAcrobat Readerしかありませんか
    PDFファイルのフォーマットを開発したAdobe社による純正のPDF編集ソフトウェア「Acrobat」(有償)、あるいはビューア機能に限定した「Acrobat Reader」(無償)以外にも、ブラウザとの連携機能を持ったPDF編集/閲覧ソフトは存在します。
    その中にはAcrobat Readerのように、無償で利用できるものもあります。

    オビガエさんはAcrobat Readerでの動作を推奨していますが、これと同様にブラウザ上でPDFファイルを開くことが可能なソフトウェアであれば、他のものを利用することはできます。
    弊社ではInternetExplorerにTracker Software Products社の「PDF-XChange Viewer」を載せてオビガエさんが動作する事を確認しています。

    ただし、これらのソフトウェアを利用してのサポートまでは致しかねますのでご了承ください。
ログイン関連
  • ログインする方法がわかりません
    ご契約時にオビガエさんサポートから送信した「オビガエさん利用料ご入金確認のお知らせ」の本文中にログインページのアクセスURL、ログイン時に入力が必要なIDとPASSの情報についてそれぞれ記載されていますので、そちらをご覧になってログインしてください。
  • ログインできないのですが
    まず、ご利用可能な期間内かどうかをご確認ください。

    期間内であれば、IDまたはパスワードいずれかの入力を誤っているかと思われます。
    以下の点をご確認ください。

    ・大文字と小文字は区別されます。
    ・よく似た字形の文字を誤読・誤入力していることが考えられます。
    ・キーボードにCaps Lockが掛かって大文字小文字が反転していませんか。
    ・コピー&ペーストした時に末尾に余分な空白が付いていることもよくあります。

    ※特にパスワードとして入力した文字は見えないようになっているのでこうした点に気が付きにくくなっています。

  • 一度に一人ずつしかログインできませんか
    同じ店舗内から、複数の従業員が同じIDとパスワードで同時に利用することが可能です。
  • 他の従業員が同時にログインすることによって各ユーザーが編集中の図面が混同する事はありませんか
    同じ店舗内から複数の従業員が同じIDとパスワードで同時にログインしても、それぞれが編集する図面はユーザー単位で独立して取り扱われるため、各人がオビガエ編集作業を同時に行っても、その内容が混同する事はありません。

    ただし、登録されているオビ画像については全員が各店舗共通のものを取り扱うことになります。
    誰かが登録済みの既存オビ画像の内容を別のものに差し替えると、同時に編集している他のユーザーにもそれが影響します。
  • ログイン後に「オビ画像をアップロードしてください。」という画面が表示されたのですが
    店舗登録オビ画像が1枚もセットされていない状態(初回ログイン時など)での挙動となります。
    オビガエさんでは、まずオビ画像を登録する必要があります。

    「オビ画像設定関連」の項目をご覧ください。
  • ログアウトする方法を知りたいのですが
    画面右上の「オビガエをやめる」ボタンでログアウトできます。

    「「オビガエさん」をやめてよろしいですか?」(編集画面ではメッセージが変わります)と聞かれますので、「OK」(ブラウザによっては「はい」などボタン名が異なります)を押して、ログアウトしてください。
  • ログアウトするとアップロードした図面は消えますか
    大抵の場合は実質的に消えたことになりますが、お使いのパソコンやブラウザの環境によっては直後に再ログインするとログアウト前に取り扱っていた図面がそのまま利用できる場合があります。
オビ画像設定関連
  • オビ画像の管理ページでは何をすればよいですか
    オビガエさんを利用する前に、まず店舗登録オビ画像を1枚以上登録する必要があります。
    管理ページでオビの登録を行ってください。

    オビの登録は
    • シンプルオビ作成機能を利用して作成する
    • オリジナル画像を用意してアップロードする

    のいずれかの方法で行えます。

    また、必要に応じて各オビに覚えやすいラベル名を付けておくことも可能です。
  • 初回利用時点で自社のものではないオビ画像がすでに登録されているのですが
    オビガエさんの利用開始時点での「■オビ画像 No.1 」には、店舗オリジナルのオビ制作時のテンプレート用として、架空の不動産「オビ不動産」のサンプルのオビ画像がプリセットされています。

    このサンプルオビは登録オビとしてカウントされません。
    また、オビ変え(図面編集)時に使用することもできません。
    シンプルオビ作成機能を利用して上書きするか、またはオリジナルのオビ画像が用意出来次第、そちらと差し替えてください。
  • オビ画像はどのような仕様のものを用意すればよいですか
    一般的な、販売図面の下端部に横幅いっぱいまで広がっている形状の帯を想定した場合、外寸については以下の通りです。

    ※画像の大きさはA4サイズ換算で横297mm×縦36mm、縦横比およそ8:1で作成された150dpi以上の解像度の画像が適当です。
     (一般的な96dpi環境下での横1755px×縦215px~横3510px×縦430px程度の画像に相当します)
    ※画像データはJPEG・GIF・PNG形式以外のフォーマットには対応していません。
    ※GIF・PNG形式の画像は透過に対応しています。
  • dpiとは何ですか
    dpi(dots per inch)は、1インチの長さの中にいくつのドットが並べられるかという画像の密度を示す単位になります。

    1インチの長さは決まっているので、dpiの数値が高いほどよりきめ細かな画質が得られることになります。
    一般に印刷物に必要とされるdpi値は低画質でも150dpi、通常レベルで300dpiとなっています。

    オビガエさんでもこの150~300dpiで制作されたオビ画像を登録していただくことで、印刷時にも十分な品質を得られるようになります。
  • pxとは何ですか
    px(ピクセル)は単位の一つで、画素とも表記されます。
    厳密には異なるのですが、大雑把な解釈としては1px=1ドット=1マスとなります。
  • JPEG・GIF・PNGとは何ですか
    それぞれ画像フォーマットの一つです。

    JPEGはファイルの拡張子がjpgまたはjpegの画像で、デジタルカメラのデータなど写真によく用いられています。
    ファイル容量がきわめて小さいのが特徴ですが、画質はあまり良くありません。

    GIFは部分透過やアニメーションなどが取り扱える画像フォーマットで、黎明期のインターネット上でよく見かけられました。
    ファイル容量はそれなりに小さいのですが、最大でも256色までしか扱えないという制限があります。

    PNGはフルカラーも半透明も取り扱える画像フォーマットで、画質を重視する画像によく用いられています。
    使い勝手はとても良いのですが、ファイル容量は品質に比例して大きくなります。


    これらのうち、オビガエさんでのオビ画像として登録するのに最も適しているフォーマットはPNGのものとなります。
  • 矩形以外の形状のオビ画像を登録したいのですが
    形状としては矩形以外のオビ画像を登録することは出来ません。
    (登録可能な画像フォーマット自体がどのようなものであれ、これらは必ず矩形をしているため)

    ただし、オビガエさんは画像の透過処理に対応していますので、GIFまたはPNGフォーマットであれば必要とする形状の外側領域部分をすべて透過させることによって、結果として矩形外のオビ画像として販売図面上で使用する事が可能です。
  • オビ画像に透過処理を施していた場合、オビガエさんではどのように反映されますか
    透過GIF・透過PNGの場合は、透明色の指定領域がそっくり繰り抜かれた状態となります。
    このオビ画像を販売図面に使用すると、(下に塗りつぶしを配置していない限り)透明部分には原稿となる販売図面の内容がそのまま残る形になります。

    また、αチャンネルを持った(=半透明)PNGの場合も、画像の透明度合がそのまま反映されます。
    たとえば半透明状態で黒く塗りつぶしたオビ画像をオビとして使用すると、販売図面には半透明の灰色のオビが重なって見えることになります。
  • 担当者別にオビを用意することはできますか
    担当者名や担当者の連絡先をあらかじめ記載したオビ画像を個別に用意していただくことで対応可能です。
  • 登録できるオビの数を増やしたいのですが
    最初に登録できるオビの数で不足する場合、オビ登録数追加オプション(有償サービス)をご利用いただくことにより、登録可能数を10点単位で増やすことが可能です。
    同オプションの登録料は10点追加ごとに1,000円(税込)となっており、また、それ以降の契約更新時には登録料と同額(1,000円/10点)が基本年間利用料の9,840円(税込)にオプション利用料として加算されます。

    オビ登録数追加オプション
    追加オビ点数
    オプション申し込み時の
    登録料
    次回以降のオビガエさん2
    契約更新料
    オプション利用なし 9,840円(税込)
    10点追加1,000円(税込)10,840円(税込)
    20点追加2,000円(税込)11,840円(税込)
    30点追加3,000円(税込)12,840円(税込)
    90点追加9,000円(税込)18,840円(税込)


    同オプションのお申し込みにつきましては、こちらの案内ページをご覧ください。
  • オビ画像はドラッグ&ドロップ操作でのアップロードに対応していないのですか
    申し訳ありませんが未対応です。
  • オビ画像を選択した時に「ファイルサイズの合計がアップロード可能上限を超えます。」と表示されました
    アップロード可能なオビ画像のファイル容量の上限は約12MBまでです。
    選択したファイルのサイズこれを超えてしまう場合、登録しようとしたオビ画像はアップロードされません。
  • オビ画像を選択した時に「ファイル形式がアップロード可能なものではありません。」と表示されました
    オビ画像として使える画像ファイルの形式はJPEG・GIF・PNGのみです。
    それ以外の形式の画像フォーマットには対応していません。

    もし上記の形式であるにもかかわらず登録できない時は、作成時と異なるソフトウェアで再作成してみて登録できるかどうか確認してみて下さい。
    (ごくまれに、正規のフォーマット形式で画像を出力しないソフトウェアがあります)
    なお、JPEG画像をそのまま上書き保存をするとオリジナルより劣化してしまうので、再作成時は別名で保存してください。
  • オビ画像を選択した時に「画像の大きさが小さいため、使用時に不鮮明な低画質のオビとなります。」と表示されました
    登録しようとした画像が印刷向けに作られたデータではなくWEB用に作られた物など、画像の大きさがある程度の大きさ(画素数)を満たしていない低解像度画像を選択した場合に表示される警告です。
    なお警告されるだけで、オビ画像自体は登録可能です。

    オビガエさんで編集する図面の印刷を考慮する場合、帯部分の画素数がWEB用に作られたものよりも2~3倍程度の大きさでないと、印刷した図面はオビ部分の画質が悪くなってしまいます。
  • オビ画像を選択した時に「画像の縦幅が長いため、販売図面で使用するには不向きです。」と表示されました
    アップロードしようとしたオビ画像の縦幅が横幅に対し長め(1/4以上)の時に場合に表示される警告です。
    なお警告されるだけで、オビ画像自体は登録可能です。
  • オビを登録しようとすると「ファイルが選択されていません。」と表示されました
    登録したいオビのラベル名(「オビに覚えやすい名称を付けられます。」の部分)か、画像(画像ファイル)を選択してから「このオビを更新する」ボタンを押してください。

    どちらも未入力の状態で更新ボタンを押すとこのエラーメッセージが出ます。
  • オリジナルのオビ画像を用意するのは難しいのですが
    オビガエさんには、画像を用意しなくてもわずかな操作だけですぐにオビを登録することができる、シンプルオビ作成機能があります。

    シンプルオビ作成機能は、オビに記載する店舗情報をフォームに入力するだけで、自動的にオビ画像を作成して、そのままオビ番号No.1に登録することができます。
  • シンプルオビの作成で、会社名・店舗名が変更できません
    この2箇所は初期情報として登録されている情報を確認するためものとなっており、ここでの変更はできない仕様になっています。
    会社名または店舗名の登録に間違いがあった場合、あるいはオビガエさんのご利用中に変更があった場合は、変更いたしますので、大変お手数ですがお問い合わせフォームよりその旨をご連絡ください。
  • シンプルオビの作成で数パターン作成したものを使い分けたい
    シンプルオビの作成で作成されるオビは必ずNo.1の枠に登録される仕様になっており、別パターンで作成すると前回作成したパターンを上書きしてしまいます。
    作成した帯は下記の方法で画像として表示できるので、その画像を一旦お使いのパソコンにダウンロードしていただき、「オリジナルオビの登録」No.2以降の枠にアップロードして登録することで、複数のパターンのシンプルオビを使い分けることが可能となります。

    • シンプルオビの作成直後、フォームの上に「下記の内容でオビを作成しました。 > 確認」という箇所があるので、「確認」のリンクを押す
    • 作成後は同じ場所に「現在『オビ画像 No.1』の枠にはオビ画像がすでに登録されています。オビを作成した場合はこの画像が上書きされます。」と表示されるので、「この画像」のリンクを押す
    • 「オリジナルオビの登録」ボタンを押すとオビ画像 No.1に作成したシンプルオビの画像が表示されているので、その画像をクリック

  • オビにラベル(覚えやすい名称)を付けるとどうなりますか
    オビ変え(図面編集)時、図面に貼り付けたいオビを選択する時に表示される名称は、通常だと「No.1」「No.2」「No.3」...といった番号での表記となります。

    オビにラベルを付けておくことで、この表記をラベル名に変更することができます。
    これにより、複数の帯を登録している状態でも目的のオビを選択しやすくなります。
  • まとめてオビの設定をしても一か所にしか反映されないようですが
    オビの設定(画像の選択とラベルの入力)は、各オビごとに一つずつ行っていただく必要があります。
    まとめて設定することはできません。
  • 登録されているオビを削除したい
    オビ画像管理ページを開き、オビ画像データの登録→オリジナルオビの登録と進み、登録済みオビ画像一覧の中から削除したいオビが表示されている箇所の右側に薄く表示されている、赤色の「オビ画像を削除する」ボタンを押します。
    削除して良いかどうかの確認を行いますので、問題がなければそのまま削除を進めてください。
    数秒ほどして、削除が完了されます。(もしこの時点で画面上から当該オビ画像が削除されていないように見える場合、一度画面の再読み込みを行ってみてください)

    なお、一度削除した帯画像はサーバー上から完全に削除されます。
    復帰させる手段はないので、バックアップが必要な場合は必ず事前にお手持ちのパソコンへのダウンロードを行っておいてください。
図面アップロード関連
  • 図面はどのように用意すればよいですか
    お手持ちのパソコンにPDF形式の販売図面ファイルをあらかじめ保存しておいてください。
    このファイルを原稿として、オビガエさんにアップロードしてお使いいただく形になります。

    なお、PDF形式の販売図面ファイルは以下の様な方法でご用意していただけます。

    ・レインズから販売図面をダウンロードする
    ・お手持ちの紙に印刷されている販売図面をスキャナ(複合機)でPDFファイルとして取り込む
  • 対応している・していない図面はどのようなものですか
    PDFバージョン1.7(Acrobat 8 以降で使用される形式)までの用紙横方向で出力されているPDFファイル形式の図面の取り込みに対応しています。
    (レインズからダウンロードする販売図面はPDFバージョンが1.4でA4横のPDFファイルなので利用可能です)

    また、Adobe AcrobatやMicrosoft OfficeなどのソフトウェアからPDF形式で保存したデータやプリンタでの印刷代わりにPDFファイルとして出力したデータ、あるいは紙媒体から複合機(スキャナ)に取り込んでPDF形式で保存したデータなど、様々な方法で作成されるPDFデータを取り込む事ができます。


    PDFファイルは取り込めるものの、図面の内容そのものに著しい変形(傾き・部分的な歪み)等がある場合は、上手くオビガエが行えない事があります。
  • A4横以外の図面を原稿として使用したいのですが
    オビガエさんは原稿を自動的に拡大・縮小して取り込む機能があるので、横向きの図面であればB判を含むA4以外のサイズにも対応しています。
    (出力時のサイズはA4横で固定となっています)
  • 一度にまとめて複数の販売図面のオビを変更したいのですが
    次の二つのケースがあると思いますが、オビガエさんはそのどちらにも、あるいは両方が混在している場合にも対応しています。

    1. 複数の図面が数ページに渡って保存されている単一のPDFファイルを上げる場合
      販売図面をアップロードする際、そのファイルを選択する事で保存されている図面を一度に全ページ分取り込むことが可能です。
      取り込み可能なページ数に上限はありませんが、ファイル単体の容量には制限(約12MB)があります。

    2. 単一の図面が1ページだけ保存されている複数のPDFファイルを上げる場合
      販売図面をアップロードする際にファイルを複数まとめて選択(またはドラッグ&ドロップ)していくことにより、一度にまとめてアップロードする事が可能です。
      ただし、こちらもアップロード可能な容量には制限(すべてのファイルの合計で約12MB)があります。
  • 複数のファイルを一度に選択するにはどうすればよいですか
    「+ ファイル一覧から選択して追加」ボタンを押すとファイルを選択するためのウインドウが開きますが、この中で以下の操作を行うことで、複数ファイルを一度に選択することができます。

    • ドラッグ操作(マウスのボタンを押したままなぞる)を行って複数のファイルを囲むと、その中にあるすべてのファイルが選択される

    • キーボードの「Shift」キーを押しながら始点と終点となるファイルをそれぞれ選択(または解除)すると、その間にあるすべてのファイルが選択(または解除)される

    • キーボードの「Ctrl」キーを押しながらファイルを選択(または解除)すると、そのファイルを個別に選択(または解除)できる
  • ドラッグ&ドロップ操作でファイルをアップロードするにはどうすればよいですか
    端末(パソコン)内に保存されているファイルを、マウスのドラッグ操作でつかんだ後、「オビ変えリストに追加するファイルをここにドロップ または + ファイル一覧から選択して追加」と書かれている、破線で囲まれた部分の内側に持っていってからドロップしてください。

    本操作は複数ファイルには対応していますが、フォルダごとドロップすることはできません。
  • ファイルをまとめて選択したりドラッグ&ドロップしたり出来ないのですが
    お使いのブラウザがInternetExplorer8または9の場合、どちらの操作にも対応していません。
    お手数ですが、複数のファイルをアップロードする場合は一つずつ選択して追加してください。
  • 一度ファイルを選択した後にさらにファイルを追加するにはどうすればよいですか
    最初に選択した時と同様に、ドラッグ&ドロップ操作あるいはファイル一覧を開き、ファイルを選択することで追加ができます。
  • 図面データを選択した時に「このファイルはすでに選択されています。」と表示されました
    同一ファイル(同じ図面)を一度に選択することは出来ません。
    追加しようとした販売図面はアップロードの対象から外されます。

    同一図面に対して複数回に渡りオビガエ編集を行う必要がある場合、お手数ですがあらかじめお手持ちのパソコン上にてファイルを複製してから(図面A.pdf、図面A コピー.pdf、図面A コピー(1).pdf…)アップロードするようにするか、あるいは都度アップロードして編集という流れを行うようにしてください。
  • 図面データを選択した時に「ファイルサイズの合計がアップロード可能上限を超えます。」と表示されました
    一度にアップロード可能な販売図面(PDFファイル)のファイル容量の上限は合計約12MBまでです。
    選択したファイルによってこれを超えてしまう場合、追加しようとした販売図面はアップロードの対象から外されます。
    また、ドラッグ&ドロップ操作による場合では、超過時点で残りのファイルの追加を中止します。
  • 図面データを選択した時に「アップロード可能なファイル数の上限に達しました。」と表示されました
    ブラウザにInternetExplorer8または9を利用している場合、一度にアップロード可能な販売図面のファイル数の上限は20までとなっています。
    それ以上のファイルを追加することは出来ません。
  • 図面データを選択した時に「ファイル形式がアップロード可能なものではありません。」と表示されました
    販売図面データとして使えるファイルの形式はPDFのみです。
    それ以外の形式のフォーマットには対応していません。

    もしPDF形式であるにもかかわらずアップロードできない時は、作成時と異なるソフトウェアで再作成してみて登録できるかどうか確認してみて下さい。
    (ごくまれに、正規のフォーマット形式でPDFファイルを出力しないソフトウェアがあります)
  • アップロードリストに追加したファイルをリストから取り下げたいのですが
    「(取消)」と書かれているボタンを押すと、ファイルをリストから取り下げて、アップロード時の対象から外すことができます。
  • アップロードしようとすると「ファイルが選択されていません。」と表示されました
    まずオビ変え編集を行いたい販売図面(PDFファイル)を選択(ドラッグ&ドロップ)してから「アップロードスタート」ボタンを押してください。
  • アップロードがいつまでたっても終わらないのですが
    「アップロードスタート」ボタンを押すと、「【アップロード中】 ファイルをアップロードしています。しばらくお待ちください。」という点滅するメッセージが表示されます。
    これは通常(アップロードしているファイルの容量にもよりますが)、数秒~数十秒程度の時間を要します。

    ただし、3分経過してもアップロード処理が完了しないときは、処理を強制的に中断するようになっています。
    この場合はお手数ですが、一度にアップロードするファイルの量を減らしていただく必要があります。

    また3分以上経過してもなおメッセージが出たままの場合、何らかの事情で処理が正常に行われていない状態になっています。
    この場合は一度ページを再読み込み(キーボードの「F5」キーを押すと実行できます)して処理を止め、画面上部のメニューにある「販売図面を変える」ボタンを押してみてください。
    もしもアップロード自体が完了しているのであれば、「前回アップロードした販売図面が残っていますが、アップロードし直しますか? 」と表示されますので、「前回の図面を使用する」ボタンを押してみてください。
    アップロードが失敗していた場合は、お手数ですが再度アップロードを試みてください。
  • 「前回アップロードした販売図面が残っていますが、アップロードし直しますか? 」と表示されました
    一度アップロードした販売図面はしばらく残っているので、その間にオビガエ編集作業を再実施するとこの画面が表示されます。

    「アップロードし直す」を選択した場合、図面ファイルのアップロード画面に進んで新たに図面ファイルを選択することができます。
    (アップロードを実施するまでは前回の図面は残ったままになっています)

    「前回の図面を使用する」を選択した場合、残っている図面ファイルを利用するので図面アップロード画面をスキップして、編集画面へ直接進みます。
オビ変え(図面編集)関連
  • 複数の図面をアップロードしたのに1枚しか表示されていないのですが
    オビ変えの編集は1ページ単位で(=販売図面ごとに)行います。
    現在表示中のページ以外を編集したい時は画面左側の操作パネル上のページ選択プルダウンメニューから編集したいページの番号を選ぶことで変更できます。
  • 使用するオビを違う種類のものに変更したいのですが
    オビ画像の設定画面であらかじめ登録してあるオビであれば、画面左側の操作パネル上のオビ選択プルダウンメニューの中から選ぶことができます。

    未登録のオビ画像を追加したい時は画面上部のメニューにある「オビ画像管理ページ」からオビ画像管理ページを開き、そちらでオビ画像の新規登録を行ってください。
  • 図面に貼られたオビの位置や大きさを調整したいのですが
    画面右側に表示されている販売図面のオビ部分にマウスカーソルを当てると、オビの外枠部分が強調表示されます。

    位置を調整するには、オビ部分の中央あたりでマウスの(左)ボタンを押したままにします。
    マウスカーソルが「移動可能」を示すものに変わり、オビ部分全体が半透明となりますので、そのままマウスを動かして、オビを置きたい場所にまで移動させます。
    丁度良いと思う位置にきたら、押したままにしていたマウスのボタンを離してください。

    大きさを調整するには、オビの外枠境界線上(強調表示されている部分)ちょうどにマウスカーソルを当てて、マウスの(左)ボタンを押したままにします。
    マウスカーソルが「サイズ変更可能」を示すものに変わり、オビ部分全体が半透明となりますので、そのままマウスを動かして、オビを拡大あるいは縮小させます。
    丁度良いと思うサイズになったら、押したままにしていたマウスのボタンを離してください。
    なお、オビは縦横比が維持されるようになっています。
  • 図面(原稿)の向きが少し傾いているのですが
    原稿の傾き方が平行四辺形や台形の状態に傾いている場合には対応できませんが、時計回り/反時計回りに傾いている場合であれば、オビの方でも(ある程度であれば)それに対応できます。

    オビ部分の上にマウスカーソルを当てて強調表示されている状態で、そのままマウスのホイールを手前側に回すとオビ部分全体が時計回りに、奥側に回すとオビ部分全体が反時計回りに少しだけ傾きます。
    図面の傾き角度に合うように調整してみてください。

    ※InternetExplorer8では編集画面上で傾きを確認することはできません。
     傾きを設定すること自体は可能で、確認画面上で実際の状態を確認する形となります。
  • オビ部分以外の箇所にも顧客に見せたくない情報が記入されているのですが
    オビガエさんはオビの貼替え以外に、『目隠しシール』という、図面の任意の場所に白色で"墨入れ"する(あるいは修正テープを貼る)ような機能があります。
    これを使うことで、図面から不必要な要素を消すことができます。

    初期状態では目隠しシールは1枚も貼られていないので、まず目隠しシールを用意する必要があります。
    編集画面左側に新しい目隠しシールを作るボタンがあるので、そちらを押して目隠しシールを画面上に出現させます。
    出現した目隠しシールはオビと同じように、好きな位置に移動させたりサイズを変えたり傾けることができます。

    オビと違う点として、縦横個別に伸縮可能で自在に変形させられること、1ページ内に何枚でも貼り付けられることが挙げられます。
    この特性を活かして、L字型やコの字型、鉤型、階段状といった複雑な形状でもシールを貼れます。
  • オビの上に目隠しシールを貼りたいのですが
    オビは一番手前側に重ねた状態で図面に貼り付けられるため、すべての目隠しシールはオビの裏側に配置される形となります。
    そのため、オビの上に目隠しシールを貼り付けることはできません。

    あらかじめ白塗りしたオビ画像を別途用意して、そちらをオビ管理画面にて登録するという運用での実現は可能です。
  • 不要となった目隠しシールを削除したいのですが
    現在目隠しシールを個別に削除する機能は提供していないため、お手数ですが、不要となった目隠しシールはページ領域外に配置するようにしてください。
    実質的に削除されたことになります。
  • ページ外にはみ出たオビや目隠しシールはどうなりますか
    ページ(A4範囲)領域外にはみ出たオビや目隠しシールは、PDF出力時にその部分だけがカットされた状態となります。

    残った部分はそのままページ内に出力されます。
    逆に、カットされた部分が余分なPDFページとして出力されることはありません。
  • せっかく調整したオビや目隠しシールが誤操作で動いてしまうのですが
    調整が完了したオビや目隠しシールに対して、編集ロックを掛けることができます。

    オビ(または目隠しシール)の上にマウスカーソルを当てた状態でマウスの(右)ボタンをダブルクリックすると、強調表示の外枠線の色が灰色に変わり、マウスカーソルも「禁止」を示すものに変更されます。
    この状態のオビ(または目隠しシール)は、移動させることもサイズを変更することも傾けることもできなくなります。

    ロックを解除するには、もう一度同じようにダブルクリックをしてください。
  • 編集途中でうっかり別の画面に移ってしまったのですが
    ログアウトしなければ編集途中の情報は残されたままです。
    再読み込みしたり、オビの管理を行ったり、ヘルプを開いたりフォームから投書したりしても、そのあとで編集途中からオビガエ作業を再開可能です。

    ただし、作業途中で違う図面を上げなおすなどして元の情報が維持できなくなるとその時点で編集途中の情報は破棄されてしまうので注意してください。
  • 最初から編集をやり直したいのですが
    編集画面でページの再読み込みをしても編集作業情報が記録されるため、この方法ではやり直しはできません。
    また、PDFの上げ直しも、場合によっては情報が記録されたままとなるので、やり直しはできない可能性があります。

    編集画面左側中段あたりに「編集内容をリセット」というリンクがありますので、最初から編集をやり直したいときはこちらを押してください。
    確認が表示されるので、本当にやり直してよければ「OK」(はい)を押してください。
    それにより、(編集ロック状態にかかわらず)オビや目隠しシールの位置・サイズ・傾きの全てが初期状態にリセットされます。
  • 全ての図面の編集が終わったらどうすればよいですか
    「編集完了」ボタンを押すと、表示が切り替わり編集操作が出来ないようになります。
    代わりに編集画面内にはこれまで編集したすべての図面がページ連結された状態で実際に出力されるPDFとして表示されるので、この内容で問題が無いかどうか確認してください。
    (問題があれば、この段階で「再編集」ボタンを押すと再度編集可能状態に戻れます)

    問題が無ければ「PDF保存」ボタンを押して、この編集済みの販売図面をPDFファイルとしてお使いのパソコンに保存します。
    ファイル名は画面左上に表示されている「保存ファイル名」が適用されるので、必要に応じて保存前に変更しておいてください。
  • PDFで保存するボタンが押せない状態になっているのですが
    「PDFを保存」ボタンは通常グレーアウトしており、マウスカーソルを当てても禁止マークが表示され、実際押すことも出来ない状態になっています。

    先に「編集完了」ボタンを押して、PDFの表示が完了(約5秒)後に押せるようになります。
  • 編集完了ボタンを押したのに画面上に図面が表示されないのですが
    InternetExplorerやSafariをお使いの場合、ブラウザ上でPDFを表示可能なソフトウェア(プラグイン)がパソコンにインストールされておらず、画面上に図面が全く表示されない、あるいはその状態でファイルのダウンロードが突然始まったりすることがあります。
    この様な時はお手数ですが、Adobe Acrobat Readerなどブラウザ上でPDFを表示可能なソフトウェアをあらかじめインストールしていただき、PDFをブラウザ上で開くことができるように設定してください。

    ※Acrobat / Acrobat Readerをインストールした場合の詳細は以下になります。
    > Acrobat ヘルプ (Adobe社のWebサイトを開きます)


    なお、FirefoxやChromeをお使いであれば、特に設定をしなくてもブラウザ内蔵のPDFビューアだけでそのまま利用する事ができます。

  • 図面が表示されないどころか「エラーが発生しました」と表示されたのですが
    主に販売図面(PDFファイル)の画面への出力処理で何らかの問題が発生した時に表示される画面です。

    オビガエさんの初回利用時にエラーが発生した場合は、お使いのパソコンがオビガエさんの推奨環境で動作していない可能性があります。
    ブラウザにInternetExplorerを利用している場合は、一度ブラウザを全て閉じてからAdobe Acrobat Readerをインストールしてみて下さい。
    または、ChromeまたはFirefox等をパソコンにインストールして、そちらをお使いの上でオビガエさんを利用してみて下さい。

    これによって問題が解消され、動作する可能性があります。


    それまで正常に使えていたのにある時点から突然エラーが出て使えなくなった場合は、以下のような原因が考えられます。

    1.一時的にオビガエさんが正常に使えない状況になっている
    2.ブラウザの仕様(特に頻繁に更新されるChromeやFirefox)が変更になった
    3.アップロードしたPDFファイルに何らかの問題がある

    1.の場合、少し時間をおいてみると正常に動作する可能性ががあります。
    2.の場合は他のブラウザを使ってみて動作するかどうかを確認してみて下さい。
    3.の場合は他のPDFファイルでも同様に発生するかどうかを確認してみてください。

    いずれも状況改善の見込みが見られない時は、お手数ですが表示されているエラーメッセージの内容をオビガエさんサポートまでご連絡ください。
    なお、エラーメッセージの内容をお伝えいただけませんと問題解決に時間が掛かることがあります。
  • 全ページまとめたデータではなく1ページごとに分割されたPDFファイルが欲しいのですが
    現状ではオビガエさんにはページ単位で保存する機能はありませんが、利用しているPDFビューア(プラグイン)が個別ページの印刷機能に対応しており、かつ、出力先プリンタとしてPDFファイルとして保存できる仮想プリンタが選択可能な場合は、そちらを利用してページ単位で保存する事で可能となります。

    ご利用のブラウザがChromeの場合は単体でこれが可能です。
    それ以外のブラウザの場合、Windows10をご利用であれば、印刷時の出力先プリンタに「Microsoft Print to PDF」を選択します。
    Windows8.1以前をご利用の場合は別途PDFファイルとして出力可能な仮想プリンタをあらかじめ導入していただく必要があります。(有償/無償のものがいくつかあります)
  • 出力された複数ページのPDFのうち、数ページだけ不要なのですが
    現状ではオビガエさんに不要な特定ページを除外する機能はありませんが、利用しているPDFビューア(プラグイン)が個別ページの印刷機能に対応しており、かつ、出力先プリンタとしてPDFファイルとして保存できる仮想プリンタが選択可能な場合は、そちらを利用してページ単位で保存する事で可能となります。

    ご利用のブラウザがChromeの場合は単体でこれが可能です。
    それ以外のブラウザの場合、Windows10をご利用であれば、印刷時の出力先プリンタに「Microsoft Print to PDF」を選択します。
    Windows8.1以前をご利用の場合は別途PDFファイルとして出力可能な仮想プリンタをあらかじめ導入していただく必要があります。(有償/無償のものがいくつかあります)
  • オビ変えが完了したデータをパソコンに保存(ダウンロード)できないのですが
    まず、お使いのパソコンとブラウザでインターネット上(オビガエさん以外のWebサイト)からファイルがダウンロードできるかどうかをご確認ください。

    他のWebサイトからのダウンロードが可能な場合、オビガエさん特有の問題となります。
    その際はお手数ですが、オビガエさんサポートまでご連絡ください。

    もし他のWebサイトからもファイルがダウンロード出来ない場合、ブラウザやご利用のパソコンの状態によって様々な要因が考えられるため、オビガエさんではサポートいたしかねます。
    お使いのブラウザごとに想定される事態と解決策が異なりますので、以下をご覧になって問題が改善されないかを試してみてください。

  • 編集が完了したPDFを印刷したいのですが
    お使いのブラウザやプラグイン(またはブラウザ内蔵PDFビューア)が、表示中のPDFを直接印刷する機能がある場合、そちらを使って直接印刷する事が可能です。
    ただし、これらは印刷設定が簡易的なものである場合があります。

    より確実な出力結果を求めるのであれば、完成したPDFファイルをお使いのパソコン上に一度保存していただき、これをお手持ちのPDF用ソフトで開いて、そちらから印刷するようにしてください。
  • 編集した(している)図面はインターネット上に保存されますか
    アップロードした図面(原稿)は、しばらくの期間インターネット上に一時的に保存されます。
    この期間中であれば、オビガエ編集中あるいは編集済みの図面はその状態が維持されるため、編集途中で画面を再読み込みしたり他のページを開いても、作業内容は失われません。

    ただし、新しい図面をアップロードし直したり、アップロードしてから一定期間が経過した時点でこの図面は破棄されます。

    編集済みの図面を長期的に保存する際は、必ずお手元のパソコンにPDFファイルとしてダウンロードして、そちらを保管されますようお願いいたします。

その他

上記の回答で疑問や問題点が解決しなかった場合は、こちらのフォームよりメールにてお問い合わせください。

メールで問い合わせる

戻る